西東京に在る教会ホームページにようこそ

回復とは

回復とは

回復は神の当初のみこころに戻ることです

神は昔はご自身のみこころにあることを、時代を分け、徐々に父祖たちを通して、また預言者たちを通して明らかにして来られました。新約の時代には神はイエス・キリストを通して直接に語られました。その後、使徒たちを通して神は語り続けられました。そして聖書の言葉は完成され、その過程にあって神は召会を形成し、召会生活を与え、多くの信者たちの中で、彼らをキリストのからだの肢体として再構成しつつ、召会を通してご自身を証しされました。

当時、達した真理について、ペテロは彼の手紙の中で、現にある真理(第2ペテロ1:12)を思い起こし、その中に堅くとどまるように離散した信者たちに励ましています。現にある真理とは当時到達した最新のアップデートの真理のことです。聖書の言葉が書かれた時までに真理は明らかにされ、真理にしたがった召会生活の実行が当時ありました。

しかし、悪魔サタンは狡猾に召会の建造を破壊してきました。カトリックの時代になり、彼はある程度成功し、1000年の間、暗黒時代を築き維持しました。神はそれで屈服するはずがありません。ご自身のご計画の中で、回復の働きをされています。回復とは当初の状態に回復することです。そして、もともとの正当な立場に復帰してその継続の中を歩くことです。

ローカルチャーチ(地方召会)というのは地方的一の立場に立つ召会のことです。もともと召会は宇宙的に唯一のキリストのからだです。その一つからだをどんな時代でもどこの地域でも表現する具体的な召会があります。その表現を持つ時に、神は「地方ごと(都市ごと)」という区切りを定められました。すなわち、国を区切りとするのでもなく、州や県によるのでもなく、都市の中の小さな町ごとに区切るのでもなく、教理によって分けるのでもなく、システムによるのでもなく、実行によるのでもありません。地方にある信者はすべてその地方を行政の区切りとしました。そして交わりには制限がありません。使徒の時代、召会の立場はそのようでした。

召会生活の回復

この地方的一は損なわれました。そしてカトリック教会が形成されたときまでには完全に失われました。続く数世紀は暗黒時代として知られており、聖書は一般庶民から閉め出され、救いの真理は覆い隠されました。その後、宗教改革と共に聖書は庶民の言葉で解き放たれ、信仰による義認の真理は回復されました。
18世紀の初頭、ジンゼンドルフは、すべてのリーダーたちに対し、意見の相違を放棄して一の中で共に生活をするという声明文に署名することを要求しました。そこで召会生活の実行が少なくとも初歩的な意味で回復されました。
主は19世紀の初期に、英国の信者たちの一群、特にジョン・ネルソン・ダービーと友なる人たちと共に召会生活の回復に向かってさらに一歩前進されました。約20年間にわたり、ダービーの指揮下のブラザレンの召会生活のすばらしい回復を経験しました。そしてブラザレンは分裂しました。

主は1920年代に、一群の青年たちをウオッチマン・ニーの指導の下に、中国において起こされました。
   (「一の真の立場」ウィットネス・リー著 p215,217,218 日本福音書房発行)

地方の境界

1930年にニー兄弟は、ヨーロッパ、カナダ、そして合衆国を訪問しました。その訪問の際、彼はブラザレンの集会の混乱と分裂とをみました。その状況に当惑した彼は地方の集会の境界に関して、新約聖書を学び直す決心をしました。この学習を通して彼は、一つの地方集会の境界は、その集会のあるその地方の範囲でなければならないことを見ました。地方の境界に関するこの真理は「集会生活」(「The Assenbly Life」)で発表されました。この本の中でニー兄弟は、彼が地方の境界(local border) と呼んだものを特に強調しました。
   (「一の真の立場」ウィットネス・リー著 p220 日本福音書房発行)

主の回復の現在のビジョン

「わたしたちのビジョンとは何でしょうか。わたしたちのビジョンとは、神がこの世人を愛して、わたしたち罪人を贖うために、彼の御子を死なせたのは、わたしたちがキリストの命を保ち、彼によって再生され、神の子供たちとなるためであり、三一の神の豊富を享受して、キリストのからだとなることです。実際において、からだはさまざまな場所に地方召会として表現され、実際的に正当な方法でからだの生活が実行されます。これはからだ、キリストの召会であり、神のエコノミーの焦点です」。
   (「時代のビジョン」ウィットネス・リー著 123ページ 日本福音書房発行)

誤解を解く歴史

ウオッチマン・ニー兄弟は地方の立場を聖書から見いだし、召会生活の実行の証しのための負担を取りました。彼の著作ははっきりとこの真理と実行について著しています(「正常なキリスト者の召会生活」日本福音書房発行)。しかし彼は中国共産党によって獄に入れられ、この実行は同労者ウィットネス・リー兄弟によってその指導が引き継がれました。この聖書的な実行は歴史上ついに回復された実行ですが、あまりにも聖書的であり、古い伝統的な(ここ数百年の)実行に慣れた観念にはなかなか受け入れにくいものがあったようです。多くの中傷する本が出版されたり、野心が原因で反対する動きもありました。この実行はすべての中間階級を受け入れることができず、自己の願望を受け入れず、ただ主イエスと主の言葉のみを第一とするのです。
真理は神のものですから、時が証明します。徐々にこの真理は認識され、この真理の中に入り、解放される人が増えてきました。
最近キリスト教界の中でもウオッチマン・ニーウィットネス・リーによって引き継がれた務めの真理は非常に聖書的であるという認識が浸透してきました。多くの牧師、聖職者もこの真理に引きつけられるようになりました。現在この務めに関する書物は英語圏ではウェブサイトで無料でほとんど読むことができます。

http://www.ministrybooks.org/

ですから、今日、この地方の立場が聖書的であるかどうかは、直接書物からも確認することができます。
また、最近ではこの立場を聖書的であるか確かめるために、二年間、米国のフラー神学校の教授たちはつぶさに調べ、またこの立場の信者たちと対話の機会を十分に持ち、結果、彼らはこの立場について正当であるとの声明文を発表しました。

この声明文についての日本語訳はこちらを参考にしてください。

すべての人が聖書を読み、すべての信者が聖書をつぶさに調べ、すべての主を愛する者が真理を見いだし、真理で構成されて、健康な召会生活の中で、命において成長させられ、キリストのからだの肢体として成就されますように。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional